雨の香りのDiary

子育て中のWEBライター、雨の日記。

スポンサーリンク

【WEBサイトの収益化】更新頻度は高い方がいいに決まっている

クライアント様からの一言

f:id:amenokaori:20161205003743j:plain

(画像出典:we heart it)

 

雨が受け持っているWEBサイト、マネタイズができていないらしい・・・。

 

雨はWEB上に載せる記事作成がお仕事だから、SEOはそれなりに、なんとなくではあるが気にしながら記事を書いています。

 

アフィリエイト広告を貼るために必要な情報も盛り込んでいるし、クライアント様がとってもとってもお忙しいことを差し引いても、何十記事とクライアント様のお手元に、雨の書いた記事が貯まっています。

 

お給料はすでに頂いているので、クライアント様が雨の記事をどうするかは、クライアント様の意向にお任せすればよいのですが・・・。

 

なんか、そう言われたら「いっちょ稼がしたろ☆」という意欲がむくむく湧いてきた雨なのでした。

 

マネタイズ不足のWEBサイト、更新頻度は?

f:id:amenokaori:20161205091331j:plain

(画像出典:we heart it)

 

ぶっちゃけ、受け持ちのWEBサイトがマネタイズできていないと言われて、WEBライター魂が燃えております。

 

「(雨さんの記事)お金になってないんですよ」と言われたと見なします(・∀・)

でもね、よく考えてみたら、そのクライアント様、週1も記事更新してくれてないんですよ・・・。

 

うん、問題は、更新頻度だ。

 

更新頻度は高い方がいいに決まっている

f:id:amenokaori:20161213080406j:plain

(画像出典:we heart it)

 

大手WEBサイトが、なぜあんなにもクラウドワーカーを必死で集客し、記事をたくさん書かせているのか。

 

マネタイズの観点から見て、更新頻度が高い方がいいに決まっているから。

 

WEBを収入源にするには

 

・更新頻度を多くして最新記事に興味を持ってもらう

・サイトの持つ記事数を増やして、サイトを大きくする

・記事を増やしてSEO対策を網羅的にする

・広告や商品に興味を持ってもらい、読者様に購入させる

 

他にも細かいことはいろいろあるけれど、露出を増やすこととSEO対策において、やはり記事の更新頻度は高ければ高い程いい。

 

もちろん、記事質が低ければアウトだけれど、雨はそんなに質の低い記事は書かないので、その点はOKだと思う。

 

もう、サイトの管理も雨がしようかな?

(雨にそんな権限はない。でしゃばり

 

とりあえず、サイトへの誘導にSNSを使いたいと自己申告してみた。

 

雨はまたまた自分から仕事を増やすような申し出をしてしまいました。

なんでいつも、仕事に含まれないことをやっちゃうんだろう(´;ω;`)

 

なんか、だって、悔しいじゃない?

 

クライアント様に収益あげて欲しいから、雨だって記事書いてるんだもん。

 

大手の記事も書いているけど、個人のアフィリエイターさんにも稼いで欲しいじゃない。

 

マネタイズできた感じになったらSNS運営はクライアント様に任せよう。

 

アフィリエイトやっててよかった\( 'ω')/ 雨

 

 

amenokaori.hatenablog.com

amenokaori.hatenablog.com

amenokaori.hatenablog.com