読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の香りのDiary

子育て中のWEBライター、雨の日記。

スポンサーリンク

ママライターと朝時間。タラレバ言ってないで動く!

ライターとしていい記事が書けるのは、朝

 

f:id:amenokaori:20170322172921j:plain

(画像出典:we heart it)

 

夕方記事を書く日もあるけれど、それはお得意様用。記事の内容も自分の中で構築できており、ただただ文章に起こすだけという知識充分な分野の記事。

 

基本的に、ライターとして頭を使う作業は朝行います。

 

朝・昼・夕・夜・深夜で頭の働き方が違うな、と実感したのは、ライターとして仕事を入れ過ぎたとき。

 

ママであり母であり、家事も育児もしながら記事を書くには、当時の私には1日3記事で限界でした。

 

限界の3記事まで仕事を詰め込んだとき、必要最低限の家事・育児以外一日中記事作成をすることが続きました。

 

朝はサクサク書けるのですが、昼頃に休憩の必要性を感じ、夕方には確実にタイピングミスが多くなり、夜はバタバタして夫といさかいになり、深夜は30分で仕上がるはずの文字数に2時間近くかかりました。

 

かかる時間もそうですが、記事質も。

 

いい記事が書けるのは、断然朝。

 

子供がいなかったら、大量の家事をしなくてよかったら

 

f:id:amenokaori:20170308121759j:plain

(画像出典:we heart it)

 

たらればです。

 

ライター業は、私の性質によく合っていて、家事や育児より得意です。

 

一日中記事作成ができたら、どれだけ幸せだろう。

 

家事が1人分だったら、どれだけラクだろう。

 

人に直接会わなくても、仕事ができるって知ってたら、もっと早く仕事やめてライター専業で働いてただろうな。

 

そうすれば、子供が生まれてから始めるよりも、有効な時間の使い方がわかっただろうな。

 

ドラマ『東京タラレバ娘』を見て、

 

『そんなにタラレバ言わないでしょ。』

 

と思った雨。

 

充分言ってますね(笑)

 

早く結婚していても、同世代のアラサー女子ですからね。

 

タラレバは置いといて、身体も手も動かそう!

 

f:id:amenokaori:20161213162430j:plain

 

人間、たられば言ってしまうのは仕方ないと思うんです。

 

後悔が一切ない人なんて、いませんしね。

 

でも、タラレバ言ってても意味がないのはみんな知っているはず。

 

・朝早起きして時間を作る

・家事を後回しにして朝記事を書く

・朝は子供を公園に連れていき、家事をして、夕方ぼやっとした頭で記事を書く

 

どんな時間の使い方をしてもいいと思います。

 

自分が納得して、心穏やかにライティングできるよう、時間配分する。

 

一番いいのは朝の時間を記事作成に充てることですが、もし朝作業ができなくても、朝から身体を動かし、短時間でも一日の中で時間を作って手を動かす。

 

記事は書けば書くほど上達するし、仕上げるまでにかかる時間も短縮されます。

 

タラレバ言ってる暇があったら、とにかくやることをやっていくしかないのです。

 

たまには言い訳してもいい

 

f:id:amenokaori:20161212114146p:plain

 (画像出典:we heart it)

 

一人で記事を書き続ける、WEBライターとしての仕事は、厳しく節制していては続きません。

 

料理をせず、お惣菜にしたりという物理的なラクさを求めてもいいし、予定通りに作業できなかった日は、自分に言い訳してもいい。

 

いつだって、立派な人でいる必要はないのです。

 

頭脳と精神力が、ライターの商売道具。(それと手指)

 

私はストレスが溜まってくると、手指にかゆみのある湿疹が出てくるので、それが出てきたら働き方をセーブします。

 

書く内容や更新時間に自由が利く、ブログアフィリエイトを本格的に再開しようとしているのは、そういう理由もあります。

 

いつだって、無理をしてもいい結果は生まれない。

 

それは会社員時代に充分教わりました。

 

徹夜で仕事をしても、報われないこともあるのです。

 

結果、1日1時間しか眠れない不眠症に2か月程悩まされました。

 

その間のことは「眠れなかった」ことしか覚えていません。

 

睡眠は大事ですね。

 

だから極力無理はしない。無理しそうになったら、自分に言い訳してでも心に余裕を作る。それが誰かの迷惑になろうとも、誠意を持って対応して、契約切られたらそれも仕方ない。

 

それくらい割り切って考えないと、単価の安い仕事に忙殺されて、子供や家族の生活が犠牲になる不毛なライター人生が始まってしまいます。

 

これはあくまで雨のスタイルなので、自分を律してお金を稼ぐことがクライアント様の利益にも繋がり、自分の実績にも繋がるのだから少しくらいがんばれ!という意見ももっともだと思います。

 

信頼と実績を重んじる方は、ご自分のスタイルを貫かれるとよいかと思います。

 

ただ、身体を壊しても、心を壊しても、成立しないのがWEBライターのお仕事です。

 

自分の身体と心を大事にしてあげてくださいね。

 

さ、私も仕事、仕事。 雨

 

スポンサーリンク

 

 

amenokaori.hatenablog.com

 

 

amenokaori.hatenablog.com

 

 

amenokaori.hatenablog.com

 

 

amenokaori.hatenablog.com