読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の香りのDiary

子育て中のWEBライター、雨の日記。

スポンサーリンク

寒いのは嫌だよ

寒い日に毛布一枚で寝てしまった


f:id:amenokaori:20161125093004j:image

 (画像出典∶We heart it)

 

実家には、

 

5人家族で私の部屋だけありませんでした。

 

邪魔になるからと母に言われ、布団も買ってはいけませんでした。

 

私は居間に座布団を並べて、

 

外出用のダウンやらカーディガンやら、

 

着れるものは着て、

 

冬場持ち歩いているひざ掛けを、

 

毛布のようにかけて寝ていました。

 

今朝起きたら、毛布一枚しか被っていなくて、

 

寒くて寒くて、

 

実家で泣きながら、

 

寝ようとしても寝れなくて、

 

母を呪っていたときのことを思い出しました。

 

なぜ反抗しなかったのか


f:id:amenokaori:20161125094356j:image

(画像出典∶We heart it)

 

私は不幸な経験なら有り余るほどしていて、

 

そのほとんどは母の支配によるものでした。

 

たまに人に話すと、

 

「なぜ反抗しなかったのか?」

 

と、なぜか私が悪いかのように聞かれるのが苦痛でした。

 

なぜ反抗しなかったのか・・・?

 

「一人の容疑者に家族親戚のほとんどが洗脳され、殺し合った事件を覚えていますか?」

 

「誘拐された女子中学生が、何年も犯人宅から逃げ出さなかった事実をご存知ですか?」

 

北朝鮮の人民は、なぜ国家転覆を企まず、独裁政権下で喘いでいるのですか?」

 

そういうことです。

 

私の任意は、

 

あるようでなく、

 

ないようであったのです。

 

みな、反旗を翻すことはできたのです。

 

でも、そうしなかったからといって、

 

苦しんでいない訳ではないのです。

 

勇気がないのでもなく、

 

ただ【反抗する】という発想が浮かばない状況は、

 

経験しなければわからないものなのでしょう。

 

だからもう、毛布一枚では寝たくない。

 

今日は夫と寝る約束をしました。 雨